狂犬病の恐ろしさを知る・・・その対処と予防法について

吠える犬

狂犬病とは、人間・動物ともに感染する恐れのある感染症の一種です。
狂犬病とはついていますが、犬だけではなく、猫やコウモリなど色々な哺乳類が感染源とされています。
日本やオーストラリアなど、厚生労働省が定める「狂犬病清浄地域」として指定されているごくわずかの区域では発症が認められていませんが、世界中で発症が確認されており毎年5万人の死者が確認されている致死性の高い疾患です。

ウィルスを保有している哺乳類から噛まれた際に感染することが多く、また目や口など粘膜をなめられることでも感染する危険があります。
感染した場合の潜伏期間は、ウィルスが侵入した箇所が脳部分に近いほど短く、10日程~
遠い箇所の場合は1年ほどで発症すると言われています。

狂犬病は別名「恐水症」などと呼ばれていますが、一旦発症すると高熱や吐き気などの他、水分をとろうとすると喉の筋肉が痙攣し痛みがでることから水を恐れるようになる狂犬病特有の症状があることからそう呼ばれています。精神的にも強い不安感を覚えたり、興奮などの症状が現れます。

日本では、狂犬病予防法が定められており、犬の場合生後91日以降、成犬であれば一年に1回予防注射を受けることが義務付けられています。日本では幸い、長い間狂犬病の発症は確認されていませんが、海外輸入されている動物が増えてきている昨今、日本でもいつ流行するとも限りません。まずは犬を飼育されている方は必ずこの予防注射の接種を受けさせることが、大事な愛犬を守るためにも狂犬病の予防としてもっとも重要なことです。

また、長期間海外に行く際には必ず前もって狂犬病ワクチンを接種していくこと、またむやみに動物に近寄らないようにすることが大事です。日本とは違い、海外では狂犬病ワクチンを接種していないペットも多いと言われていますので、野性動物だけではなくペットにも注意が必要です。また、狂犬病にかかかっている動物は、攻撃的でよだれや血を流しているなどの特徴がありますので具合の悪そうな動物には絶対に近寄らないようにしましょう。

日本では、狂犬病予防法が定められており、犬の場合生後91日以降、成犬であれば一年に1回予防注射を受けることが義務付けられています。日本では幸い、長い間狂犬病の発症は確認されていませんが、海外輸入されている動物が増えてきている昨今、日本でもいつ流行するとも限りません。まずは犬を飼育されている方は必ずこの予防注射の接種を受けさせることが、大事な愛犬を守るためにも狂犬病の予防としてもっとも重要なことです。

また、長期間海外に行く際には必ず前もって狂犬病ワクチンを接種していくこと、またむやみに動物に近寄らないようにすることが大事です。日本とは違い、海外では狂犬病ワクチンを接種していないペットも多いと言われていますので、野性動物だけではなくペットにも注意が必要です。また、狂犬病にかかかっている動物は、攻撃的でよだれや血を流しているなどの特徴がありますので具合の悪そうな動物には絶対に近寄らないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>