dogfood のすべての投稿

犬のストレスを溜めない方法~散歩や食事、コミュニケーション~

犬の散歩をする女性

犬は基本的に活動的で活発な生き物です。人もそうであるように、犬も家の中でじっとしていることが多いと、ストレスも溜まっていく一方です。十分な運動をさせてあげる為に散歩がストレス解消法として有効です。また、散歩をすることで様々な風景をみたり人に触れたり、色々な臭いを嗅いだりと五感に刺激を受けることも犬にとって学習する機会を得たり社会性を高めるきっかけにもなります。また、集団での生活が基盤となっている犬にとって、散歩は飼い主との大事なコミュニケーションのひとつであり、飼い主と行動をともにすることでもストレス解消となります。

散歩によってしっかりとストレス解消することができている犬は、しつけもしやすく飼い主のにも従順です。犬種によって運動量は異なりますが、小型犬で1日1回30分程度、中型犬で1日2回30分ずつ、大型犬では1日2回30~60分ずつの散歩が犬のストレス解消に良い運動量となっています。規則正しく運動をする機会を作るように心がけましょう。

人間と違い、言葉で感情を表現できない犬は、ストレスが行動となって現れます。犬がストレスを感じたときに良くみられる行動として、身体の一部をなめ続けるといった行動があります。これは、運動不足や飼い主とのコミュニケーションが十分でない、など欲求不満からであったり、緊張や不安などを感じた時に、気分を落ち着かせる為によく見られる行動です。同じく運動不足や飼い主にかまってもらえないストレスから、無駄吠えをしたり、同じ場所をぐるぐるとまわったりしっぽを追いかけたりといった行動がみられます。また、頻繁にあくびをする場合は、特に強いストレスを感じていることがあるようです。

他にも、犬は敏感な生き物なので、環境が変わったり飼い主がストレスを感じていると影響を受けることが多々みられます。家族の不仲や家の雰囲気が悪かったり、また飼い主からの愛情を感じることができない、など様々な心理的要因から下痢や嘔吐を起こすことがあります。普段から犬とコミュニケーションをしっかりととることが大事ですね。また、ストレスという意味では与えている食事も重要です。たとえばドッグフードは無添加に拘るなど、できるだけ犬の身体に負担を与えない餌を選ぶことも心がけるべきですね。

基本的には毎日散歩を行うことが大事です。しかし、あまり決まった時間は作らないようにし、飼い主のタイミングに合わせていくようにしましょう。犬が散歩の時間を覚えてしまうと、その時間にいくことが出来なければストレスにつながります。また、あまりにも天候が悪いときや犬が嫌がるときには散歩を中止し、家の中で十分に運動させてあげるようにしましょう。犬種にあった散歩時間を確保することも大事です。大型犬なのに短い散歩時間ではストレスがたまる原因になりますし、小型犬で長時間の散歩は犬の体に負担がかかりますので、犬にあった適切な散歩時間を知っておきましょう。

特に子犬の時には、肉球が柔らかく傷つきやすいので、最初は短時間にとどめ、徐々に回数を増やしたり時間を長くするようにしましょう。また、夏場などの暑い季節には時間帯をずらし涼しい早朝・夕方以降などに散歩をするようにしましょう。人間と犬では体感温度に差があり、人間にとって暑いと感じる時は、犬にとってはかなり暑く感じる温度です。熱中症の危険もあるので特に気を付けてあげましょう。

狂犬病の恐ろしさを知る・・・その対処と予防法について

吠える犬

狂犬病とは、人間・動物ともに感染する恐れのある感染症の一種です。
狂犬病とはついていますが、犬だけではなく、猫やコウモリなど色々な哺乳類が感染源とされています。
日本やオーストラリアなど、厚生労働省が定める「狂犬病清浄地域」として指定されているごくわずかの区域では発症が認められていませんが、世界中で発症が確認されており毎年5万人の死者が確認されている致死性の高い疾患です。

ウィルスを保有している哺乳類から噛まれた際に感染することが多く、また目や口など粘膜をなめられることでも感染する危険があります。
感染した場合の潜伏期間は、ウィルスが侵入した箇所が脳部分に近いほど短く、10日程~
遠い箇所の場合は1年ほどで発症すると言われています。

狂犬病は別名「恐水症」などと呼ばれていますが、一旦発症すると高熱や吐き気などの他、水分をとろうとすると喉の筋肉が痙攣し痛みがでることから水を恐れるようになる狂犬病特有の症状があることからそう呼ばれています。精神的にも強い不安感を覚えたり、興奮などの症状が現れます。

日本では、狂犬病予防法が定められており、犬の場合生後91日以降、成犬であれば一年に1回予防注射を受けることが義務付けられています。日本では幸い、長い間狂犬病の発症は確認されていませんが、海外輸入されている動物が増えてきている昨今、日本でもいつ流行するとも限りません。まずは犬を飼育されている方は必ずこの予防注射の接種を受けさせることが、大事な愛犬を守るためにも狂犬病の予防としてもっとも重要なことです。

また、長期間海外に行く際には必ず前もって狂犬病ワクチンを接種していくこと、またむやみに動物に近寄らないようにすることが大事です。日本とは違い、海外では狂犬病ワクチンを接種していないペットも多いと言われていますので、野性動物だけではなくペットにも注意が必要です。また、狂犬病にかかかっている動物は、攻撃的でよだれや血を流しているなどの特徴がありますので具合の悪そうな動物には絶対に近寄らないようにしましょう。

日本では、狂犬病予防法が定められており、犬の場合生後91日以降、成犬であれば一年に1回予防注射を受けることが義務付けられています。日本では幸い、長い間狂犬病の発症は確認されていませんが、海外輸入されている動物が増えてきている昨今、日本でもいつ流行するとも限りません。まずは犬を飼育されている方は必ずこの予防注射の接種を受けさせることが、大事な愛犬を守るためにも狂犬病の予防としてもっとも重要なことです。

また、長期間海外に行く際には必ず前もって狂犬病ワクチンを接種していくこと、またむやみに動物に近寄らないようにすることが大事です。日本とは違い、海外では狂犬病ワクチンを接種していないペットも多いと言われていますので、野性動物だけではなくペットにも注意が必要です。また、狂犬病にかかかっている動物は、攻撃的でよだれや血を流しているなどの特徴がありますので具合の悪そうな動物には絶対に近寄らないようにしましょう。

今人気の犬種はこれ!小型犬・中型犬・大型犬

小型犬の人気犬種は?

小型犬のなかでも特に人気の高いトイプードルは、ぬいぐるみのような愛くるしい容姿とうらはらに、犬の中でも知能が極めて高く、飼育のしやすい犬種と言われています。
体の大きさは24~28cm程で、プードル種の中でももっとも小柄です。特徴的なくるくるとパーマがかかったような被毛はシングルコートと呼ばれるもので、季節の変わり目に毛の生え変わりがあるダブルコートの犬種とは違い、抜け毛が非常に少なく体臭も少ない為に室内でも飼いやすい犬種と言えます。また、毛色はブラック、ホワイトなどの他、レッド、アプリコット等々、バリエーションが豊富なことも人気の高さの理由です。

その反面、シングルコートの犬種は、毛が伸び続けることからこまめなブラッシングが必要です。ブラッシングを怠ると皮膚病にもかかりやすいので注意が必要です。
知能が高く、飼い主にも従順な犬種である為、躾もしやすく大人しいので多頭飼いにも向いています。活発な性格でもあるので、運動をしっかりさせてあげることも飼育の上で大きなポイントです。

中型犬の人気犬種は?

日本人に馴染み深く、飼い主に忠実なことで知られる柴犬は、中型犬のなかでも常に高い人気を誇っています。体の大きさは40cm前後で、小さくピンと立った耳と巻き尻尾、凛とした顔立ちが特徴です。
その歴史は日本だけではなく世界的にも古くから存在しており、狼に近いDNAを持っていると言われています。昔から人間のパートナーとして存在をともにしてきた柴犬は、猟犬としての歴史も長く、勇敢で自立心の高い犬種です。

その為、あまり他人には甘えることはない反面、聡明で服従心が強く、しつけをしっかりと行い飼い主と信頼関係を築くことができれば、飼い主や自分が好きな人間には深い愛情を示してくれることもあります。しかし元々猟犬として活躍してきた為に、神経質で頑固、攻撃的な面も持ち合わせています。それ故、番犬に向いている犬種と言えますが、自分が仲間と認めていない人間に対しては威嚇したり、噛みつこうとすることもある為、小さなお子さんなどがいる家庭では飼育する上で注意が必要です。

大型犬の人気犬種は?

犬ぞりやドッグレースなどで良く知られているシベリアン・ハスキーは、狼に似た凛々しい顔立ちとブルーの瞳に特徴的な隈取りのような柄が人気の大型犬です。体の大きさは60cm前後で、シベリアやアラスカ地方で古くからそり犬として活躍してきたシベリアン・ハスキーは、体力・持久力に優れ、筋肉質でしなやかな体つきが特徴的です。

瞳の色はブルー以外にもグレー、左右で瞳の色が違うオッドアイなどの種類がいます。集団行動にも馴染みやすく、学習能力・社会性の高い犬種です。外見的には狼のように強面でクールなハスキーですが、性格的には警戒心が強い面も持ち合わせている反面、温厚で好奇心旺盛、人懐こくおちゃめでもあります。しかし、いたずら好きな性格でもある為、大事なものや壊されたくないものは犬の届かないところに保管しておくようにしましょう。

体力があり運動好きである為、ハスキーがたっぷりと運動できる環境を整えておく必要があります。また、寒い地方の犬である為、暑さは苦手です。夏場は冷感マットなど快適に過ごせるように準備しておきましょう。

ドッグフードにまつわるさまざまな基礎知識|アレルギー対応フードの状況は?

おなかいっぱいのワンちゃん

ドッグフードにはさまざまな種類が現在存在しています。ドライタイプやレトルトなど多種多様にあり、飼い主さんはどれを購入しようかなやんでしまうハズです。

多くの方は大量に入って比較的価格の安い物をチョイスすると思われます。

しかし、購入時にそのフードに使用されている原材料の記載を確認して買われているでしょうか。ただ鶏肉とか豚肉とかだけ観て買われていると思われます。

しかし中には「動物副産物」と記載されている物が多いのです。

この動物副産物って何だろうと思われますが、簡単に言うと加工場からでたゴミとなる部位なのです。食肉加工場で出た鶏や豚の皮・骨・毛等の捨てる全ての部分を粉状にしたものが含まれているのです。

ドッグフードだから使用しているんじゃないの?なんて考えてしまう物なのですが、実は使用するには明確な理由があるのです。

これらの動物副産物にはミネラルやカルシウム、ビタミン等が豊富に含まれているのです。普段与えられているフードでは一日に必要なこれらの栄養素を摂取する事が出来ないのです。

しかし、動物副産物を配合する事でしっかりと補う事が可能となっているのです。ワンちゃんの健康を維持するには必要不可欠な原材料となっているのです。

●ワンちゃんにも小麦アレルギー対応フード

犬のアレルギーマーク

近年ワンちゃんの小麦アレルギーの発症が多くなってきています。痒がったり脱毛の症状が現れると小麦アレルギーの恐れがあります。その原因は与えているフードとなります。

特にドライタイプの物には小麦が使用されている物がほとんどとなっているので、この症状が観られたら与えるのを中止しなければなりません。

しかし、今まで与えていたフードの代わりになる物が無いのか探さなくてはなりません。そんな小麦アレルギーを抱えているワンちゃんにピッタリな食材があるのです。

それは「ホワイトソルガム粉」で作られているフードです。

小麦アレルギーの原因は小麦に含まれているグルテンという成分にて引き起こります。しかしホワイトソルガム粉はこのグルテンを含んでいない小麦なのです。

その為、人食用は勿論、ドッグフードにも多く使用されるようになり小麦アレルギーで苦しむワンちゃんの救世主となっているのです。

ワンちゃんも大切な家族の一員となっているのでその健康を維持する事が出来れば、飼い主さんも笑顔になる事が出来るのです。

犬の状態に合わせたドッグフードを選ぶのが大切!もしうまく食べてくれない時は・・・

ドッグフードのイラスト

犬を飼うにあたって考えなければならないこととして、ドッグフードについてのことが挙げられます。飼いはじめたその日から必要になるものですから、きちんと準備して迎えてあげたいものです。

これまで過ごしていたところで与えられていたフードがあるなら、何を与えているのか聞いておくとよいでしょう。環境が変わって動揺している犬にとって、同じ食べ物があるという事は安心できるもののはずです。慣れるまでは依然食べていたものと同じものを与えてみるようにしましょう。

ある程度慣れてきたら犬の状態に合わせてフードを変えてあげるという事も必要になります。最近では年齢に応じて必要な栄養を摂れるようにした商品も販売されています。まずは年齢に合わせて選んでみましょう。

子供であれば成長に必要な成分が多いものが必要ですし、シニアになってくると関節の健康維持や消化のしやすさが重要になってきます。同じ犬でも必要なものは変わってくるのです。

それに加え、健康上の悩みなどがあればそれに対応する栄養素が含まれているものを選んであげるとよいでしょう。毛艶を良くするものや関節に良い成分が含まれているものなど様々な製品があります。犬の状態を良く見て、適切なものを与えてあげたいものです。

●食べてくれない時の一工夫

犬によってはドッグフードを食べてくれないという事も起こります。まずはその原因が何かを考えてみましょう。

ドライフードが硬くて食べにくいようなら、お湯などでふやかして柔らかくするという方法があります。幼い子や高齢犬は特に噛みにくさを感じることがあるので、こうした形で柔らかくして食べさせてあげましょう。ウエットフードに変えたり、混ぜてみたりという事も効果的です。

単純に、味に飽きてしまって食べなくなるという犬もいます。そのような場合はトッピングなどで変化を付けてあげると食べることがあります。犬用ふりかけなども売っていますし、お気に入りのおやつを細かくして混ぜてあげるという事でもよいでしょう。

ちょっとだけウエットフードを混ぜてあげるのも食欲を出すという点で効果があります。大袋のドッグフードは香りが飛んでしまいやすいので、コブクロになっているものを選ぶのもよいでしょう。

いずれにしても、よく犬の状態を見て細かく調整してあげることが必要です。食事は健康な体を作る重要なものですから、十分気を遣ってあげましょう。